精神エネルギーは物質に影響を与えますから、純粋な気持ちや愛や喜びで調理すると、食べ物がそのエネルギーで満たされます。 そのように準備された食事は心にも体にも元気を与えます。 そして食べる時も、作る時と同じように魂であることを意識し、至高の魂を思い出しながら純粋な気持ちと幸福感で、与えられた物を食べます。 mindful_kitchen食べているうちに、すっかり魂の自覚を失い、食べ物を味わうことに夢中になったり、作り方についていろいろ考えたり、仕事のことを気にしていたりということは時として起こりますが、くり返し魂としての自覚を取り戻し、食事をしながらでさえも、唯一の至高に純粋な魂を思い出す練習をしていくことがラージャヨガのライフスタイルです。 そのようにして食事を作りながら、そして食べながら魂を純粋なエネルギーで満たし、人生をハッピーでヘルシーなものにしていきます。 ラージャヨガは菜食ですが、野菜の中でもにんにく、玉ねぎ、長ネギ、ニラなどは食べません。 調理に取りかかる前に、まず自分自身が平和な存在であることを思い出します。 あわてたり、いらいらすることのないように、心を落ち着けてから始めます。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone