瞑想家×ミュージシャン×舞踏家×宗教家の大コラボレーション❕❕ ソウルフリーダム

「ソウル・フリーダム~魂の解放」

主催:東京カフェ・デ・モンク 池内龍太郎 井川裕覚
協力:慶応大学アートセンター Dance Medium NPO法人ブラーマ・クマリス

日時:2017年6月11日(日)
場所:NPO法人ブラーマ・クマリス 東京センター

今回二人のラージャヨギが来日したことをきっかけに、
舞踏家×宗教家とのコラボレーションイベントが実現しました。

土方巽の最後の弟子である正朔氏、心を自在に表現できる舞踏家長岡ゆり氏、
臨床宗教師として緩和ケアの現場に立つ二人の宗教家、井川裕覚氏(真言宗)、池内龍太郎(神社神道)とラージャヨギが
「魂の解放」をテーマに「祈り」「メディテーション」「トーク」「舞踏」を行いました。

百聞は一見に如かず。ぜひ動画をご覧ください。

***************
<出演者紹介>
池内龍太郎氏
神社神道神職・医学博士。精神科医の活動と共に、神主として神社にも奉職。緩和ケア病棟での看取りを中心とした臨床宗教活動にも注力。関東臨床宗教師会代表

井川裕覚氏
高野山真言宗僧侶、阿字観瞑想指導者、東京カフェデモンク代表・マスター。関東臨床宗教師会事務局長。僧侶として人々の苦悩に向き合う。日本で数少ない専門研究機関で死生学・宗教学を研究

長岡ゆり氏
舞踏家、Dance Medium主催。バレエ・モダンダンスを経て舞踏の世界へ参入。国内外の公演、ワークショップ多数。2011年公演「帰ル―Coming Home」にて第43回舞踏批評家協会賞受賞

正朔氏
1984年舞踏家土方巽に師事。1996年まで白桃坊に在籍。2004年Dance Mediumに参加。長岡ゆりと共に演出、ワークショップを行う。第43回舞踏批評家協会賞受賞

デイビッド・ジョーンズ
オーストラリアを代表するドラマー・パーカッショニスト。
仏教の鈴やチベッタンボールなど東洋の音を駆使したアンビエントミュージックのCDを多数発表しています。
32年にわたる瞑想体験より深い沈黙を音に表現することのできる稀有なアーティスト。
デイビッド・ジョーンズのサイトへ 

カルメン・ワーリントン
めい想アーティスト・ポエトリーリーダー・シンガー。
身も心もとろけそうな優しく暖かい天使のような声による瞑想コメンタリーは”一聴の価値あり”です。
カルメン・ワーリントンのサイトへ


Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterEmail this to someone